コラーゲン

石鹸でいきいき暮らし生活

ヒアルロン酸 コラーゲン


コラーゲン 効能



 


感想した季節やヒアルロン酸やコラーゲンの不足で起こる肌荒れには、要注意ですよね。
私達の人間の体は眠っている間に体の内部で栄養をすみずみまでいきわたらせ身体の髪の毛、肌が作られます。
肌によいのがコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の三大栄養素です。
老化した肌、シワ、シミなど肌によい栄養素が含まれています。
皮膚の70%はコラーゲンだといわれています。たんぱく質のひとつでエラスチンがコラーゲン45に対して一の割合です。
コラーゲンは、手羽先、スペアリブ、かれいなどに多く含まれていて熱処理で煮物などにするとゼラチン化します。

エラスチンが多く含まれる食品はごまです。エラスチンは柔らかい物質なので鉄分がよくあいます。
アルロン酸を多く含む食品はかれい、いか、さけ、うなぎ、鶏手羽、納豆、山芋などです。
ビタミンAを多く含むほうれん草など野菜もバランスよくとるように食事に気をつけます。
エラスチンが多く含まれる食品のごまは、日本では古くから栽培されていますが、もとは中国から伝わったもので中国料理にはごま油が多く使われます。


一般的には胡麻という場合は種子のことをさしますが、この種子は民間薬としてもいろいろな効能があり高血圧、動脈硬化の原因となるコレステロールをとり除く効果があるんですよ。コラーゲンの硬い物質とエラスチンは柔らかい物質なので取り合わせがいいんです。

コラーゲンは、もともと私たちの体内にあり、肌や骨や血管、髪の毛など至る所に含まれています。
1日に5〜10gを摂取することが目的とされています。最近では豚肉などの動物の他に魚類のものが注目されています。

骨や臓器など体内で至る所にあり、コラーゲンが不足すると骨粗しょう症や動脈硬化なども関係しています。
若くて健康な肌では、平均28日という新陳代謝によって細胞が活発に分裂繰り返し若々しいハリを保っています。
料理を上手に工夫をしながら自然な形で食事を取りながらお肌もいきいきしたいものですね。

年齢を重ねるごとに紫外線のダメージなどでコラーゲンが不足してくると新陳代謝の周期の乱れや肌荒れなどになったりします。
ごく普通の女性であれば、いつも若々しくきれいでありたいと思いますよね。年齢が重なるにつれコラーゲンが不足してきます。

そしてエステや化粧品にお金をかけたりして美しくなろうと努力します。たとえ美しくなったとしても一時的なものにすぎないかと思います。
コラーゲンを体内で構成する原料になるのは、フカヒレや豚骨、煮魚を食べます。

良質のたんぱく質を食べることでコラーゲンを体内で合成させてアミノ酸に分解され体の各部分に運ばれます。コラーゲンは肉や魚の皮や骨、軟骨、内臓、腱などに多く含まれて、多く含む一番の食品は牛肉で特にテール肉やすじ肉に多く含まれますが、すじが多いので長時間煮込んでゼラチン化させます。鶏の手羽は皮や軟骨が多いので煮込んでスープにして、いただきます。鶏の軟骨はそのまま食べることができるのでから揚げ、豚の耳や足もそのまま食べて効率よく摂取できます。デザートにはゼラチンで作ったゼリーをどうぞ。


石鹸でいきいき暮らし生活」〜TOP

石鹸の種類を楽しむ

自分の時間を楽しむ

ウオーキングを楽しむ

ストレッチで体の血行をよくする

肩こりを予防する

日常生活の中で腰痛をやわらげる

ストレスを上手くコントロール

我が家手作り温泉の風呂
 
リラックスしながら自律訓練法を行う
 
水中ウオーキングを楽しむ

血液をサラサラに

コラーゲンについて

おいしいハンバーグ


生活習慣病は、明日は我が身かも?

日常生活で頭痛を対処

ダイエットケーキ

プロフィール

リンク集

リンク集2

リンクについて
血液をサラサラに
Copyright(C) 石鹸でいきいき暮らし生活 All Rights Reserved